首イボには種類があるのでしょうか?

MENU

 

首イボは大きさによって名前が異なり、2oから3oで多く発症するのをアクロコルドンまたは、スキンタックといいます。1つだけ出来て直径約1p程度のものは“軟性線維腫、これがもっと大きくなって皮膚から垂れ差がったものを懸垂性線維腫と呼びます。首イボは種類によって治療方法などが違います。

 

よく自分で首イボをはさみで切ってしまう人もいますが、その際細菌が入ると傷痕になったり違う病気のイボに刺激を与えることもあるのできちんと病院で治療を受けたほうが良いです。

 

一番小さくたくさん出来るアクロコルドンは首以外にも脇の下や胸、瞼や目の下、太ももの付け根などの皮膚が薄くて柔らかい部位や摩擦に弱い部位に出来やすいです。早いと20代でも発症しますが、大体は30代から発症することが多く中年以降に良く見られて主に女性や肥満の人によく見かけられます。

 

首イボの中でも一番小さく、小さいため目立ちにくいですがたくさん出来やすいです。徐々に数が増えていき突起があまり大きくなく平らで柔らかいです。肌色が多いですが褐色もあり、痛みやかゆみなどはありません。
部位によっては摩擦や汗で、かゆみや痛みを感じることもありますがそれでも酷い症状ではないです。引っかかって擦れると炎症や症状が悪化したりします。

 

アクロコルドンと同じように首や脇、胸やまぶた、目の下など皮膚が薄く柔らかい部位に出来るのがスキンタッグです。スキンタッグは首や脇の下など汗をかく場所に多く出来て顔や手、腕や背中にも出来ます。早いと20歳くらいから出来ますが、とくに中高年層に多いです。

 

スキンタッグはアクロコルドンより少し大きめで盛り上がっています。年齢とともに少しずつ増えて平らなものがぼこっと盛り上がるなど形は色々あります。肌色や茶色、黒っぽいものなどがあり、痛みやかゆみなどは殆どありませんが、アクセサリーや衣服の襟元の摩擦で違和感や痛みを感じることもあります。

 

もう一つの種類は脂漏性角化症といって、老人性疣贅や老人性イボとも呼ばれています。早いと20代で発症する人もいます。
手に平や足の裏以外なら体中とこでも出来ますが、特に紫外線によく当たる部位に多く顔や首周りでよく見かけます。加齢とともに発症率が高くなって80代になることは殆どの人が出来るイボです。

 

放置しても自然に消えることはなく加齢ともの増大します。予防するには普段からイボを出来にくくするために肌を紫外線から守るなどクリームなどで対策をするのがおすすめです。