首イボは自宅で自分で取る方法がある?

MENU

首イボを自分で取る方法

 

加齢すると色々な悩みが出てきてしまいますが、男女ともに悩みとなってしまうのが首イボです。
首にできるイボは顔に比べて目立たないため、気がつくとできていたというケースが多い症状です。

 

原因はウィルスによるものと腫瘍によるものの二種類が挙げられます。

 

腫瘍の場合は30代以降に首の周りに小さなイボがたくさんできることが多く、老化によって引き起こされます。

 

ウイルス性のものは尋常性疣贅と呼ばれるものになります。

 

足の裏にできる魚の目と同じ種類で、そのまま放っておくと他の部分に感染することもあるため注意が必要です。

 

どちらも基本的に悪性ではなく、皮膚の良性腫瘍のため過度の心配をすることはない症状です。しかし、衣類で摩擦を起こしたり、アクセサリーをひっかけたりしてしまうと炎症が起こることもあります。

 

これらが起こりやすい原因は、紫外線や摩擦による肌へのダメージです。ダメージが積み重なるこ音によって加齢とともに老化が進み、細胞が過剰に増殖してしまい肌が盛り上がっていきます。そのため年々増えていってしまいます。

 

また、老化だけではなく体質によってもできやすいということもあるため、若いからといって油断していると発生してしまうケースも考えられます。

 

治すためには、病院で液体窒素を使って冷凍させて取る凍結療法、局所麻酔を施してハサミや高周波メスなどで切除する方法、炭酸ガスレーザーを用いてイボを焼き切り治療するレーザー治療などが行われています。

 

それぞれにメリットやデメリットがあり、保険適用ができるものとできないものがあります。

 

忙しくて病院に行く暇がない、という場合には自分で取る方法もあります。

 

ただし注意したいのが、病院でやっているからといってハサミや爪切りなどで自分で切るということです。皮膚科では首イボを切除するときには専用のハサミを使用しており、もちろん衛生面でも細心の注意を払っています。

 

これを自分でやってしまうと、肌にダメージを与えることにつながります。そのダメージが逆にイボを悪化させてしまったり、増やしてしまう恐れもあります。

 

また、きちんと綺麗に撮れるケースもありますが、傷跡になってしまうこともあるため自分でハサミで切るなどは避けたほうが無難です。

 

では、自分できる方法はどんなものがあるかというと、様々なケア方法があります。

 

効果的なものとしては、まず体の内側からケアするためにハトムギを利用していきます。

 

ハトムギとは、イボ治療に使われるヨクイニンという成分が含まれている成分です。ハトムギ自体をお茶や粒、粉として摂取することで
ヨクイニンを内服するのと同じ効果を期待することができます。

 

首イボ対策としてハトムギを取り入れる場合には、お茶として飲むなら1日400?500ミリリットル程度が効果的です。クセの少ない飲みやすいお茶ですので、休憩時間などに取り入れることをおすすめします。

 

粒や粉として取り入れる場合には、そのまま水やお茶と一緒に飲むのは飲みにくいです。そのため蜂蜜やジャムと一緒にパンやヨーグルトにかけたり、ご飯に混ぜて炊いて食べるなどの工夫をすることで簡単に取り入れることができます。

 

ただし、ヨクイニンやハトムギは妊娠中の人や妊活中の女性にはあまり良い成分ではないため、妊娠中や妊活中の人は避けたほうが良いとされています。

 

 

 

肌にダメージを与えないことも、首イボの悪化や増殖を防ぐことにつながります。

 

肌のダメージになるものとしては、紫外線が大きなダメージとなってしまいます。紫外線などは光老化の原因となってしまうため、しっかり紫外線対策を行います。

 

効果的なのが1年を通してUVケアを行うことが、イボを防ぐことにつながります。夏以外は日焼け止めをしないという人は多いですが、紫外線は夏以外にも降ってきます。それに対してきちんと対策することでイボ予防以外にも、美白効果を期待できます。
また、首はつい日焼け止めを塗るのを忘れがちな部分でもあるため注意が必要です。より効果を高めるためにはUVカットスカーフなどの活用もオススメとなります。

 

 

 

肌の乾燥を改善するのも有効です。

 

加齢するとどうしても肌は乾燥しやすく、肌のバリア機能や免疫機能が衰えます。きちんと乾燥を防いで、肌のターンオーバーを整えることで首イボは予防することになります。

 

バリア機能や免疫力が高まればウイルスを防ぐことができ、ウイルス性のイボ予防につながります。

 

近年では、首イボにも効果的な角質を柔軟する保湿性の高いクリームなども販売され人気になっています。
クリームはべたついて苦手だ、という場合にはアプリコットカーネルオイルなどがオススメです。

 

アプリコットカーネルオイルには、イボ取りに効果的なリノール酸が含まれているためイボ取りには効果的だとされています。

 

使用感はサラサラでべたつかず、匂いがしない、なめらかに伸びるため化粧品に抵抗があるという男性でも抵抗なく使うことができます。